国産 ワクチン。 国産ワクチン、22年以降 各社開発も、海外に遅れ―新型コロナ:時事ドットコム

日本が「国産ワクチン」開発できていない背景

🙌 大阪大などと共同で開発。 新型コロナ収束に向け安定した供給体制を確立する上で、国内企業の治験が進み国産の『ワクチン』という選択肢が加わることが期待される。

7

国産ワクチンは時間かかる? 塩野義の研究トップに聞く [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

👋 託されたのは「塩野義製薬」の研究員・佐藤彰彦さん。 海外で開発された輸入ワクチンが実用化に近づく一方で、気になるのは国産ワクチンの開発状況だ。

5

コロナ国産ワクチン製造準備、昆虫細胞を用いた培養タンクでは世界最大規模 塩野義製薬製

⚔ ワクチン開発では、米モデルナや英アストラゼネカなど海外勢が先行する一方で、国内勢は遅れている。 ほかに、第一三共は東京大学と共同開発している。 500人の健康な成人を対象に8施設で実施し、最終段階の治験は21年以降に国内外で合計数万人規模で行う見通しだ。

3

「早く、大量生産できる」新型コロナ国産ワクチン、年内供給を目指す。開発者に最新状況を聞いた

🌭 当面は輸入頼みになりそうで、国産ワクチンの開発が急がれる。 com —— 確認できる範囲では大きな副作用はなさそうということですね。

期待が高まる新型コロナの国産ワクチン開発|@DIME アットダイム

❤ すでに中国製ワクチンの供給を受けたり、治験を行っている国は約25ヵ国に上り、ますます勢いを強めている。 国内のメーカー 日本国内のメーカーでは、大阪のバイオベンチャー企業、アンジェスが500人規模での臨床試験を行っています。

12

国産ワクチンは時間かかる? 塩野義の研究トップに聞く [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

♥ 500人の健康な成人を対象に8施設で実施し、最終段階の治験は21年以降に国内外で合計数万人規模で行う見通しです。 そのときの開発ノウハウと、アンジェスが実際に世界ではじめてプラスミドDNAを用いた遺伝子治療薬を製作したノウハウがあったため、迅速に新型コロナウイルスのワクチン開発をスタートできました。

国産COVID

🚀 「インフルエンザ(ワクチン)等で使われてきた伝統的な手法の延長。 ・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。 その開発は欧米企業が大幅に先行する中、国内メーカーも開発を急いでいます。

16

期待が高まる新型コロナの国産ワクチン開発|@DIME アットダイム

☣ そしてもう1つが温度管理しやすいという点です。

16

独占取材!国産ワクチンはどこまで?”特効薬”開発もスタート:ガイアの夜明け|テレ東プラス

🚒 これまでに医療関係者ら1050万人超が接種を受けた。 また、仮に第1世代のワクチンを投与したときにできる抗体が少なかったとしても、ある程度の効果を見込んで接種を進めていくことになると思います。 投与すると体の免疫機能が異物と認識し、排除しようと抗体を生み出す。

8